運転のマナー!あなたは大丈夫ですか

車を運転するには法律を正しく守ることが事故の防止につながりますが、法律だけでは完全ではないため一定のルールやマナーを守ることが事故防止につながります。

法律を守っていても非常識な行動は可能ですから、ルールやマナーが重要になるとえいます。マナーにはたくさんのものがありますが、大型トラックを運転する運送会社の人達には、業界の中で暗黙のルールやマナーがつくられています。

運送業界の人だけではなく、最近では一般人も利用するようになっていますが、マナーとは自分勝手な行動をせず、相手を思いやる気持ちや相手に不快な思いをさせないことにあります。

全ての人が同じ運転技術ではありませんので、スピードを出せる人もいれば出せない人もいます。カーブを通る際にも、60kmで曲がれる人もいれば40kmでしか曲がれない人もいるのです。

また、年令によって反応速度が鈍ると、ブレーキを踏み始めるまでの時間がかかるため、制動距離も人それぞれに異なるのです。運転マナーは非常に難しいものですが、基本は安全運転にありますので多分大丈夫だろうと言う気持ちではなく、大丈夫か確認してから行動を起こすことが必要になってくるのです。

夜間の走行ではライトを点灯することが道路交通法により定められていますが、条文には日没から日の出までの時間としか明文化されていないのです。

しかし日没前でもかなり暗くなりますし、薄暮れ時は事故の多い時間帯となりますので、早めにライトを点け視界を確保すると同時に対向車に存在を知らしめる必要があるのです。

早めにライトをつければ視認性が良くなるため事故の防止に役立ちますが、早めに点灯することは法律に定められていることではなく運転マナーとなるのです。

ライトの点灯に関しては、自らの視界を確保する目的もありますし、相手に存在を知らしめる効果もあるわけですから、思いやりの気持ちを持てば早めに点灯することが良いことだと分かります。

制限速度内で走行する場合でも、急発進と急ブレーキを繰り返せば後方の車両には危険な状況が生まれてしまいます。追突されれば後方を走る車に過失が多くなりますが、追突された方にも大きな負担が発生してしまうのです。

制限速度内で走行すれば法律を守っていることになりますが、その中でもスムーズな走行を心がければ追突事故を防止することが可能です。法律を守っていても非常識な運転をしていると事故を引き起こす原因となりますので、法律以外の部分はマナーを重視して運転することが大切なのです。