事故に繋がることだって

運転をする際に大切なのがマナーです。

自分勝手な運転を行ってしまうと、時には事故に繋がってしまう事もありますので、普段の運転には十分注意する必要があります。

では、どういった点に注意すれば良いのかと言いますと、まず挙げられるのが十分な車間距離を取る事です。

車間距離をついつい詰めてしまうという方も少なくありませんが、車間距離が短い状態ですと、前を走る車が急ブレーキをした時に衝突してしまう恐れがあります。

衝突してしまった場合は追突した側の過失が大きくなる事が殆どですので、十分に距離を空けて走行する必要があります。

他にも確実にウィンカーを出すようにする事も大切です。

中にウィンカーを出さずに車線変更をしたり、右左折をするという方もいますが、ウィンカーというのは自分自身の意志を周囲のドライバーに伝える為の大切な要素になります。

いきなり曲がったりしてしまうと大きな事故になる事もありますので、必ずウィンカーを出してからアクションを起こす必要があります。