車の運転をしていると思うこと

車の運転をしている際にはマナーが悪い運転と感じた事がある方も多いのではないでしょうか。

マナーはドライバーが気持ち良く運転を行う為の大切な要素になりますので、できれば全てのドライバーがマナーを意識する事が大切になります。

では、どういった運転方法ですとマナーが悪いと感じられてしまうのかと言いますと、まずは所謂煽り運転です。

煽り運転というのは理由も無く車間距離を詰めるなどして前を走るドライバーを圧迫する行為ですが、そういった運転というのはやはり前を走っているドライバーからすれば嫌なものですし、また、ドライバー同士のトラブルに発展する可能性がありますので車間距離には十分注意しなければいけません。

また、煽り運転をしている場合、車間距離が詰まっているという事もあり、追突してしまう危険性が一気に上がってしまいます。

しかも、追突してしまった時には過失割合が大きくなりますので、もし衝突してしまった際には補償をしなければなりません。

そういったリスクがある行為でもありますので注意が必要です。

他にも車の運転を行う際のポイントとして、周りのドライバーにも配慮のある運転をするという事が大切になります。

例えば他のドライバーが恐怖を感じてしまようなスピードを出したり、反対にノロノロとしたスピードで走らないようにしなければいけません。

路上には沢山のドライバーが存在しますので、それぞれが他のドライバーを意識する事が大切です。

他にもウィンカーをしっかりと出すようにする事も欠かす事ができません。

ウィンカーは意志表示の為にも欠かす事ができない存在ですが、中にはウィンカーをしっかりと出さずに曲がったり車線変更をされる方も存在します。

ウィンカーを不点灯で行動してしまうと事故の危険性を高める原因になります。

また、ウィンカーというのはドライバーだけに意志を伝えるのではなく、歩行者や自転車にも重要な存在です。

その為、必ず点灯させるようにしなければいけません。