マナーを知っているのかと思うこと

運転をしている時には他人の運転方法が気になってしまう事もあるものです。

では、どういった運転マナーがあるのかと言いますと、まず挙げられるのがウィンカーを付けるタイミングについてです。

ウィンカーというのは周りのドライバーに意志を伝える為の重要な手段になりますが、中にはウィンカーを付けずに行動される方も少なくありません。

そういった運転というのは事故の元にもなり兼ねませんので注意が必要です。

また、ウィンカーを付けるタイミングにも注意しなければいけません。

ウィンカーは交差点を曲がる際には30メートル前に点灯、進路変更の際には3秒前に点灯するのが教習所の教えとなっています。

しかしながら、ドライバーの中には曲がる直前にウィンカーを出したり、進路変更と同時にウィンカーを点灯させる方も少なくありません。

一応、ウィンカーを出しているものの、周りのドライバーからしたらマナーが悪いと感じてしまう要因にもなりますので注意が必要です。

他にも譲り合いをするという事も大切なポイントになります。

例えばバイパスを走行中、合流してくる車がいる場合、合流し易いように走行する必要があるのですが、中には合流を妨げるように走行するドライバーも少なくありません。

そういった行動は事故にも繋がりますので、合流してくる車がいる際にはスムーズに合流できるように場所を空けたり、隣の車線に移動するなどが必要になります。

運転時のマナーとしては、お礼も挙げられます。

お礼をするシチュエーションとしては、例えば脇道から合流する場合、入れてくれるドライバーがいますが、そういった時にはきちんとお礼を伝えるようなアクションをした方がお互いに気持ち良く運転する事ができます。

しかしながら、入れてもらったにも関わらず、お礼をしないドライバーも少なくありません。

もちろんお礼は義務ではありませんが、気持ち良く運転する為のマナーですので、入れてもらった際には手を挙げたり、頭を下げるなどして気持ちを伝えた方が良いと言えます。